ブログ


台所水栓のメーカーの品番を確認する方法

スタッフブログ,ブログ

ここでは水栓器具メーカーの品番を確認する手順や方法を紹介したいと思います。

普段取り扱うことが少ない場合、なかなか知る機会は少ないですよね。

万が一の時にでもスマートに対応できるようにぜひ今回紹介する方法を知っておきましょう。

メーカーの品番を確認する方法


人よっては自分自身で台所水栓を交換したいという方もいるのでは無いでしょうか?


そんな時に一体どこを見ればメーカーや品番を確認する事ができるのかを紹介したいと思います。


水周りのメーカーで有名なところで言うと、

・TOTO(トートー)
・LIXIL(リクシル)
・KVK(ケーブイケー)
・KAKUDAI(カクダイ)
・SANEI(サンエイ)
・GROHE(グローエ)

などたくさんあるかと思います。


今回はその中でもTOTOの品番を確認する場所を紹介します。


品番を特定するに最も簡単な方法は説明書を見る事です。


ただ、その説明書がどこに行ってしまったか分からない人も中にはいるかもしれません。


そこで手っ取り早く品番を確認できる場所ですが水栓本体に書かれています。




TOTOの場合台所水栓本体の側面部分にメーカー名と品番が記されています。


もし同じタイプの水栓を交換したい場合はここに記されてあるメーカーと品番を手に問い合わせをしてください。



ただ、物によっては古くて製造されていない場合もありますのでその場合は他の水栓を取り付ける様になります。 また、TOTOの場合であれば品番を特定できる便利なツールもメーカーが用意してくれています。




ツールの使用方法はとても簡単で、設置場所の選択をしてから条件設定をするだけです。 


<順序>

1:各水栓タイプを選択する画面に移ります。 
2:画像の横にチェックできるボックスがありますのでここにチェックを入れます。
3:一番下の注意事項と書かれてあるボタンをクリックする事で該当件数が表示されます。

また、品番を直接入力できたり購入時期の入力で探すこともできます。 

非常に便利なツールなのでTOTOの台所水栓の交換を考えている場合は利用してみてくださいね。 ただ、自分で取り付け交換が難しい場合は水周り専門の業者にご依頼いただく事で迅速・的確に交換する事ができますので、迷った場合はぜひご相談くださいませ。


まとめ

普段、水栓用具を扱っていない場合なかなか品番がどこに書かれてあるのかなどは意識しないと思います。今回紹介した方法を知っているか知っていないかだけでも助かる部分があると思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事

洗面の排水詰まりの原因になる項目とは

スタッフブログ,ブログ

洗面の排水詰まりの原因になる項目についていくつか紹介しました。今まで排水詰まりの原因が何なのか疑問だった方もご理解いただけるかもしれません。ぜひ参考にしていただき今後の生活に役立ててみてください。