ブログ


停電などの電気トラブルの正しい対応は!?

停電などの電気トラブルは各ケースによって

対応の方法も変わってきます。例えば、自宅の一部もしくは

全ての電気が消えてしまっている場合です。

 

ここでは、停電などの電気トラブルの

正しい対応について紹介したいと思います。

 

 

自宅に一部の電気が消えている場合は、

まず初めにご自宅の分電盤の確認を行いましょう。

ではそれぞれのケース別に紹介したいと思います。

 

契約アンペアを超えてしまった

 

一度にたくさんの電気製品を使用すると、

契約アンペアを超えてしまいアンペアブレーカーが

切れてしまうことがあります。よく、

 

「ブレーカーが落ちたかも」

 

というのがこれに当たります。

この時の対処法は、アンペアブレーカーのつまみを、

「切」→「入」

にする事で解決できます。

 

配線用遮断器が切れている

 

これは一つの部屋で電気を使いすぎてしまったために

配線用の遮断器が切れることによって起こります。

 

この時の対処法はまず初めに使用していた

部屋の電気製品のプラグを抜きます。

 

そして先ほど同様に配線用遮断器(回路ブレーカー)のつまみを、

「切」→「入」

にする事で解決することができます。

 

電気の使いすぎ・漏電・雷の影響の場合

 

この場合はちょっとした手順があります。

 

アンペアブレーカーのつまみが「入」に、

 漏電遮断器が「切」になっていることを確認します。

 

配線用遮断器のつまみをすべて「切」にします。

 

漏電遮断器のつまみを「入」にしたあと、

 配線用遮断器のつまみを一つずつ「入」にします。

 

配線用遮断器を「入」にしたときに漏電遮断器が切れた場合、

 その回線に漏電の可能性があります。

 

すべての配線用遮断器を「切」にし、

 再度漏電遮断器のつまみを「入」にします。

 

問題のある回路以外の配線用遮断器を「入」にします。

 

その後、当社の様な電気トラブル専門の業者にご連絡くださいませ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、

今回は停電などの電気トラブルの正しい対応について紹介しました。

普段何気なく使用している電気が突然停電などによって消えてしまうと

パニックになってしまいがちです。

 

しかし、冷静に対処することによって停電リスクも対処することができます。

ぜひ落ち着いて対処の方をしてください。

 

それでももし電気トラブルが改善されない様でしたら、

当社(住まいるレスキュー)の様な電気トラブルに対応している業者に連絡してください。

 

当社であれば迅速かつ的確丁寧に電気トラブルを解決いたします。

お気軽にご相談下さいませ。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社SRC. All rights Reserved.