ブログ


トイレつまりで便器にお湯を流すのはあり?なし?

スタッフブログ,ブログ

日常生活でトイレは頻繁に使いますがトイレつまりを起こした時の対処法の一つと言われているのが、「便器にお湯を流し込む」というもの。

 

実際のところ本当に効果はあるのでしょうか?

 

便器にお湯を流し込むトイレつまり解消法はあり?なし?

 

あなたはトイレが詰まった時に、

 

「水で流すよりもお湯を流した方が解消しやすいよ!」

 

という話を聞いたことがありませんか?

 

結論から言うとこれは正解でもあり不正解でもあります。実際、トイレットペーパーは水よりもお湯の方が溶けやすいのは事実なのですが、お湯で流す場合は注意点があります。

 

トイレ詰まりをお湯で解消したい場合の注意点

 

まず始めにトイレ詰まりをお湯で解消する方法は、我々水回りのプロやメーカー側としてはオススメしていないことをお伝えしておきます。

 

その理由は簡単で、お湯を使用してトイレ詰まりを解消したい場合、場合によっては便器本体やトイレの接続部分を破損してしまう可能性もあるからです。

 

特に沸騰したてのお湯を便器内へ流してしまうと、基本便器は陶器で出来ていますのでヒビが入ってしまったり、排水管や排水パイプに大きな負荷がかかります。負荷がかかると言うことは破損してしまう可能性があると言うことです。

 

トイレ詰まりを解消するつもりが熱々のお湯をかけてしまい逆にトイレを破損してしまったとなると、何をしているのか分かりませんよね。

 

とは言っても先述したようにトイレットペーパーは水よりもお湯の方が溶けやすいのは事実ですので、あくまで参考としてお湯を使ったトイレつまりの解消法を紹介したいと思います。

 

※あくまでも自己責任の上で行うようにして下さい

 

お湯を使ったトイレつまり解消法

 

お湯の温度は40℃〜60℃が適温になります。繰り返しますが沸騰したお湯は絶対に使用しないようにして下さい。

 

トイレの破損もそうですが投入した時にお湯が跳ね返り火傷を負ってしまうリスクもあります。そしてお湯の量は0.3L〜0.6Lで多過ぎず少な過ぎずと言ったところです。

 

もしお湯を入れる際に便器から水が溢れそうになっている場合はバケツ等で水をすくい水の量を減らしてからお湯を流すようにしましょう。この際、お湯を入れるときはゆっくり入れることを意識し、トイレットペーパーが詰まっている箇所を狙って注ぐと効果があります。

 

間違っても勢いよく入れることだけはしないでください。便器の様子を伺いながら流し込みましょう。そしてお湯を全て投入したら、ラバーカップ(スッポン)でジャブジャブ押したり引いたりします。

 

この際もお湯の跳ね返りには気をつけるようにしてください。

 

トイレットペーパーが原因の軽度のつまりであれば解消できることがあります。ただし、繰り返しますがこの方法は我々水回りのプロやメーカー側としてはオススメしていない方法になりますので、あくまでも自己責任の上で行うようにしてください。

 

もし上記の方法を試したにも関わらずトイレ詰まりが解消されない場合は、迷わず当社へご相談ください。

 

迅速にそして的確に対応しますので安心してください。

 

洗面排水・トイレ・キッチンのつまりならスマートレスキューへ!

 

東京、関東(埼玉県・千葉県・神奈川県)の洗面排水・トイレ・キッチンのつまりならスマートレスキューへご依頼ください。経験豊富なスタッフが親身になって対応させて頂きます。

 

また、洗面排水・トイレ・キッチンのつまりや水漏れ以外にも様々な住まいのトラブルに対応しております。

何かお困りのことがあれば、お気軽に当社(スマートレスキュー)へご相談ください。

 

→料金表一覧はこちら

関連記事

台所水栓がガタつく場合の原因と対処法

スタッフブログ

この記事では台所水栓がガタつく場合の原因や対処法について紹介しています。台所水栓のガタ付きの原因としては大きく分けて2タイプあります。その原因を知ることで対処法も明確化しますので、ぜひ当記事でガタ付きの原因を確認してみて下さい。