ブログ


一体型トイレってどうなの!?メリットやデメリットについて

スタッフブログ,ブログ

最近は色々な場所で一体型のウォシュレットトイレを見る様になりました。ご家庭のみならず施設等でも一体型トイレを採用している場所は増えています。

 

ただ、従来のタンク式トイレと比べてどれくらいのメリットがあるのかと言うのは気になるところではないでしょうか。

 

自分にとって一体型トイレのメリットはあまり無く、どちらかといえばデメリットの方が多いと感じる場合は変える必要もありませんよね。

 

スタイリッシュな姿は魅力的ですが、デメリットもあるかもしれません。そこでこの記事では一体型トイレのメリットやデメリットについて紹介してみたいと思います。

 

・今のタンク式トイレをリフォームで一体型トイレにしたいと考えている。

・一体型トイレにしたいけど性能面などが気になる。

・一体型トイレのメリットやデメリットを知りたい。

 

この様な疑問も解消できるかもしれません。

 

ぜひ最後まで読んでいただき一体型トイレの魅力を探ってみて下さい。

 

 

そもそも一体型トイレとはどんなトイレ!?

 

最近色々な場所で使用されている一体型トイレは、

 

・便器/便座
・貯水タンク
・ウォシュレット

 

などが一体型となったトイレを指します。

 

この一体型トイレの”特徴”としてまず挙げられるのが、独立していたパーツが一体化された為、全体的にスマートかつスタイリッシュになった点です。

 

トイレがスマートになることで、「掃除がしやすくなったり」「清潔感」などもアピールすることができます。

 

また、従来の独立していた貯水タンクも一体型になることで高さも抑えることが出来、全体的にもコンパクトさが際立ちます。

 

一体型でも手洗いが付いてるトイレと付いていないトイレがありますが、この部分は従来の洋式トイレと特別変わった事はありません。

 

一体型トイレのメリットやデメリットについて

 

一体型トイレの”メリット”

 

では早速一体型トイレのメリットとしては大きく分けて、

 

(1)スタイリッシュで掃除がしやすい

(2)従来のウォシュレットトイレよりも節水できる

(3)選択肢が多い

 

などのメリットが主に挙げられます。ではそれぞれのメリットについてもう少し深くみてみるとしましょう。

 

 

(1)一体型トイレはスタイリッシュで掃除がしやすい

 

前項でも紹介しましたが、一体型トイレは、

 

・便器/便座
・貯水タンク
・ウォシュレット

 

などのパーツが一体化されているトイレですのでスタイリッシュでコンパクトな外見です。その為従来の貯水タンク独立式のトイレよりも掃除がしやすいというメリットがあります。

 

また、今までは貯水タンクの設置箇所等で場所を取っていましたが、一体型になる事でトイレ全体が広く感じることが出来ます。

 

(2)一体型トイレは節水ができる!?

 

メーカーによっても多少変わりますが、一体型トイレは節水効果のあるものも多く販売されています。

 

もちろん、貯水タンク独立型も”昭和の頃”と比べると大きく節水できているわけですが、最近の一体型トイレは更に節水できます

 

年間比較でいうとトイレによっては2万円以上節水できるものもあります。

 

貯水タンク独立式トイレでを入れて節水しているご家庭もいるかもしれませんが、そういった事をせずとも大幅に節水ができるのも一体型トイレの魅力です。

 

(3)価格に幅があるので選択肢が多い

 

一口に一体型トイレといっても5万円台の低価格のものもあれば、20万円台の高価な一体式トイレまで様々です。もちろんそれぞれ好みに合わせて購入することが出来ます。

 

趣味趣向にあった一体型トイレを選ぶことが出来るはずです。

 

一体型トイレの手洗い部分について

 

一体型トイレにもトイレ上部に、

 

・手洗いのついているトイレ
・手洗いがついていないトイレ

 

以上の2つのパターンがありますが、これは自由に選択することが出来ます

 

今まで手洗い部分を使用していた人は引き続き手洗い有りの一体型トイレを選択出来ますし、いらない場合は無しも選択できます。

 

また、一体式トイレの場合全体的にコンパクトにもなっていますので、手洗い部分も低くなっています。つまり”お子さん”でも十分に手洗いを利用することができるので便利ですよね。

 

では、そんなメリットの多い一体式のトイレなのですがデメリットはあるのでしょうか!?

 

一体型トイレの”デメリット”

 

では一体型トイレのデメリット部分についてです。

 

故障した場合は全てを交換する必要がある

 

一体型トイレのデメリットとしてまず知っておきたいことは、故障してしまった際は全てを交換する必要があるということ。

 

トイレの故障というと便器にヒビが入ってしまったり…というケースになると思うのですが、よほどのことがない限り通常使用では起こり得ないと思います。

 

ただ、一体型トイレも消耗品なので年数を追うごとに経年劣化はします。

 

当然、経年によって故障する可能性は増えるので、故障してしまった際は全てを交換する必要も出てくるという事は知っておくようにしましょう。

 

一体型トイレの水漏れリスクは!?

 

一体型トイレは従来の貯水タンク独立型よりも高性能な場合が多いですので、比較的水漏れも起こりにくいです。

 

ただ、高性能であるという事は水漏れなどの不具合や故障してしまった際は自分で修理する事は困難な場合が多いという事です。

 

水漏れが発生してしまった際は自身で無理に修理しようとするのではなく、当社の様な水回り専門業者にご相談していただく事をお勧めします。

 

また、メーカーの部品保存期間を過ぎてしまった場合は部品もないことがあるので、そういった場合でも当社で確認させていただきます。

 

一体型トイレのつまりのリスクは!?

 

一体型トイレは先述したように節水型も多く販売されているので当然水の量は抑えられています。といっても、緻密に設計されていますので通常使用によるつまりのリスクはほとんどありません。

 

しかし、誤った使い方をしたり経年による劣化で水量が変化したりする事でつまりが発生してしまう可能性は0ではありません。

 

そういったケースがあるかもしれないという事は知っておくようにしましょう。

 

”トイレのリフォーム”もスマートレスキューへお任せ!

 

東京、の洗面排水・トイレ・キッチンのつまりならスマートレスキューへご依頼ください。

 

経験豊富なスタッフが親身になって対応させて頂きます。

 

また、洗面排水・トイレ・キッチンのつまりや水漏れ以外にも様々なリフオームにも対応していますので、住まいの中で何かお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

 

▶︎料金表一覧はこちら

関連記事

台所水栓がガタつく場合の原因と対処法

スタッフブログ

この記事では台所水栓がガタつく場合の原因や対処法について紹介しています。台所水栓のガタ付きの原因としては大きく分けて2タイプあります。その原因を知ることで対処法も明確化しますので、ぜひ当記事でガタ付きの原因を確認してみて下さい。