ブログ


トイレつまりで水が少しずつ流れる時の対処法は?お湯は良い?

スタッフブログ,ブログ

「水が少しずつ流れるんだけどこれってトイレつまり?」

 

こんな経験がありませんか。

 

結論を初めに言うと、やはりトイレつまりが考えられます。トイレつまりの多くの原因はトイレに流したものが排水管に詰まってしまうことで発生してしまいます。トイレがつまりを起こして水が少しずつ流れるという経験をしたことはありませんか?

 

「水は少しずつ流れてるから大丈夫じゃない?」

 

「お湯が効くって聞いたよ…」

 

と簡単に考えてしまっていると後々になって大きなトラブルに発展しかねません。そこでここではトイレつまりの予兆でもある、水が少しずつ流れる時の対処法について紹介したいと思います。

 

最後まで読んで頂くことで水が少しずつ流れる状態がどのような状態なのか、また、対処法についても紹介しますのでご自宅の状況に合わせて実践してみて下さい。

 

トイレつまり!?水が少しずつ流れるから大丈夫?

 

例えば、

 

・トイレットペーパーを一度に大量に流した
・トイレットペーパー以外のものを流してしまった

 

などが主な原因としてあげられます。

 

特に中でもやってしまいがちなのが、トイレットペーパーを一度に大量に流してしまったというケースです。

 

もともとトイレットペーパーは水に溶けやすい性質なのですが、一度に大量のトイレットペーパーをトイレに流してしまうと溶けきれずに排水管に詰まってしまうことがあります。

 

ただ、トイレットペーパーの場合水に溶けやすい性質なので、完全に排水路がつまりを起こしたわけではなく、その結果水は少しずつ流れるという現象になるのです。

 

また、トイレットペーパー以外のつまりに繋がる物としては、

 

・トイレ用のお掃除シート
・食べ残しの食物
・ペットのトイレ用の砂
・メガネ、スマホ、鍵

 

などがトイレつまりの原因としてあげられます。

 

水に溶けない物が原因の場合は取り除く

 

前項でも紹介しましたが、トイレットペーパー以外のいわゆる”異物”でトイレがつまりを起こした場合は取り除く必要があります。

 

スマホや鍵などの生活に必要なものであればすぐに気がつくはずなので取り除くことも容易ですが、水に溶けないティッシュやハンカチなどは一度流してしまうと取り除くことが困難です。

 

その結果、水が少しずつ流れるという現象になってしまうこともあります。

 

自分はトイレに流していない!そんな場合でも家族や身内の方が知らず知らずのうちにトイレに流してしまっていた…ということもあります。

 

異物を取り除く為にも定期的なトイレの点検や掃除はとても大切なのです。

 

トイレつまりだけど水が少しずつ流れる…そんな時の対処法

 

トイレつまりを起こしているけど水が少しずつ流れるという状況の場合はいくつかの対処法があります。

 

これから紹介する方法で解消できることがありますので一度試してみて下さい。

 

①:バケツに溜めた水を流してみる(ぬるいお湯)

 

トイレがつまりを起こしてしまい水が少しずつ流れる時はバケツに貯めた水をトイレに流してつまりを流しきるという方法があります。

 

ただ、この方法はトイレのお掃除シートやトイレットペーパーが原因でつまりを起こしている場合に効果的な方法です。トイレの便器内に水が溜まっていると思いますので、そこに少しずつ水を流します。

 

一気に入れてしまうと水が跳ね返ってきますのであくまでも”ゆっくり”入れるようにして下さい。トイレのつまりが解消されるまでは水の水位が上がってきますが、トイレつまりが解消されると水位も下がります。

 

トイレットペーパーによるつまりの場合はぬるま湯(ぬるいお湯)で行うのも効果があります。

 

※熱いお湯を流してしまうと陶器でできた便器の破損に繋がりますので×

 

②:ラバーカップを使ってトイレつまりを解消

 

トイレがつまり水が少しずつ流れる場合はラバーカップを使って解消する方法もあります。ラバーカップというのは長い棒の先にゴム製の吸盤のようなものが付いている器具になります。

 

学生時代に学校のトイレで見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

ラバーカップの使い方はとても簡単で、先端のカップ部分を便器の排水口にピッタリと押し付けます。この際、隙間が出来ない様にくっつけるのがポイントです。

 

そしてしっかり吸着したことを確認したら、一気に引き抜きます

 

ラバーカップを引き抜くことで排水管に詰まった異物を引き戻すことができます。おそらく一度で解消されることは少ないので何度か同じ動作を繰り返す様にしてみてください。

 

③:ラバーカップ以外のトイレつまりの解消法

 

トイレがつまり、水が少しずつ流れる状況の場合、ラバーカップ以外にも対処法があります。真空式のパイプクリーナー(ローポンプ)などで解消する方法です。

 

真空式のパイプクリーナーは名前の通りポンプがついていますのでラバーカップよりも強力な力でつまりの原因を取り除くことが可能です。

 

使用方法はラバーカップと同じです。

 

また、ワイヤーブラシといってワイヤーの先端にブラシが付いている水回りのつまり専用のワイヤーがあります。便器の中にワイヤーブラシを挿入しつまりの原因箇所でブラシを動かして異物を取り除きます。

 

ただ、こういった器具を持っているご家庭は少ないと思いますので、対応に困った場合はお任せいただければ安価で作業の方をさせていただきます。

 

その他にも薬剤を使ってつまりの除去をする方法もあります。

 

それでもダメなら…

 

トイレがつまり水が少しずつ流れる現象が解消できない場合、水回り専門の業者にご相談されることをお勧めします。

 

上記の対処法を行なってもトイレつまりができない場合、他のところに原因があることも考えられます。自分で解消しようとするのはとても素晴らしいことなのですが、場合によってはトイレに損傷を与えてしまうこともあります。

 

そうなってしまうと余計な出費にも繋がりかねません。

 

トイレのトラブルであればトイレに詳しい業者に相談するのが一番の解決への近道です。ぜひ東京などの関東圏の方は当社にお気軽にご相談くださいませ。

 

まとめ

 

今回はトイレつまりで水が少しずつ流れる状況下の元、どんな対処法があるのかを紹介しました。トイレつまりの原因がトイレットペーパーなどの紙類が原因の場合は、

 

①:バケツに溜めた水で流してみる

②:ラバーカップを使用する

 

を行なってみて下さい。それでも解消できない場合はその他の原因も考えられますので水回り専門の業者にご相談されることをお勧めします。

関連記事

台所水栓がガタつく場合の原因と対処法

スタッフブログ

この記事では台所水栓がガタつく場合の原因や対処法について紹介しています。台所水栓のガタ付きの原因としては大きく分けて2タイプあります。その原因を知ることで対処法も明確化しますので、ぜひ当記事でガタ付きの原因を確認してみて下さい。