ブログ


トイレに流せるシリーズの仕様には注意が必要な場合もあります

スタッフブログ,ブログ

あなたはトイレに流せるシリーズの商品をご利用になった事はありますか?

トイレに流せるなら。。。と常備品として持ち歩いている人もいるかもしれませんよね。ただ、商品によってはトイレ詰まりにつながってしまう可能性のある商品もあるので注意するようにして下さい。

そこでここでは「トイレに流せるシリーズ」とトイレについてご紹介してみたいと思います。


”トイレに流せる”シリーズは注意が必要な場合もある!


最近はいろんな「トイレに流せる〇〇」といった商品が販売されているかと思いますよね。

例えば、
 
・赤ちゃんのおしりふき

・トイレクリーナー

・猫砂

などなど本当に多くの流せるシリーズが販売されています。しかし、注意しておきたいのが、

 
本当に流しても大丈夫なのか?


という点。

「いやいや、実際に販売されているものなんだし大丈夫でしょう」 と思ってしまいがちなのですが、全ての商品がトイレに流しても大丈夫とは言えない様です。

 例えば、日本で販売されている商品は基本的には品質の高いものが多いです。また、トイレットペーパーに関しては、トイレットペーパー工業基準法(JIS)という厳しい基準が設けられています。

しかし、トイレクリーナーなどのトイレに流せるシリーズに対しては「JIS」の様な基準が設けられていないのです。という事は、本当は水に溶けにくいけどトイレには流せるよ…といった商品も中にはある訳ですよね。


 「トイレに流せるから…」


「水に溶けるらしいから…」


「商品にこう書いているから…」


といってトイレに大量に流してしまうと、今回の様に予想していなかった詰まりが発生してしまうこともあるのです。 その為、「流せるシリーズ」や「水に溶けるシリーズ」を購入する際は裏面に書いてある注意書きをよく読んでから購入する様にしましょう。

 表紙には「水に溶ける」と書かれているのに、裏の注意書きを見てみると、


「トイレに流さないでください」


と矛盾している様なビックリする商品もあります。

我が家のトイレを詰まらせないためにも商品の注意書きはよく読んでおきましょうね。


最近のトイレにも原因はある!?


最近設置されているトイレの多くは何もしなくとも節水できているトイレになっています。

一昔前のトイレだと一回”大”を流すにつき10リットル以上も水を流していました。 しかし、最近のトイレは”大”で流したとしても5リットル程度の便器が多いです。

その為、先ほど紹介した様な「流せるシリーズ」や「水に溶けるシリーズ」のペーパーを流した場合、十分に水に溶けることなく排水管に流れていってしまう可能性があります。

便器の排水に詰まるだけであれば、ーポンプのみの作業で詰まりを解消する事はできますが、排水管に詰まってしまった場合は、もっと大掛かりな作業になってしまう可能性もあります。

そういったことも理由としてありますので、

・「流せるシリーズ」

・「水に溶けるシリーズ」

を購入の際は、大量のペーパーを1度に流すことのない様にしましょう。 それでもトイレが詰まってしまった場合は、弊社のような水回りトラブル専門の業者にご依頼くださいませ。


関連記事

洗面の排水詰まりの原因になる項目とは

スタッフブログ,ブログ

洗面の排水詰まりの原因になる項目についていくつか紹介しました。今まで排水詰まりの原因が何なのか疑問だった方もご理解いただけるかもしれません。ぜひ参考にしていただき今後の生活に役立ててみてください。