ブログ


トイレつまりを起こすかも!流してはいけない意外なモノはこれ!

スタッフブログ

あなたはトイレに流していけないものを知っていますでしょうか。極論を言えば、トイレにはトイレットペーパー以外のものを流しれはいけません。しかし、

・不意に落としてしまったり

・大丈夫だろう

・詰まることはないよね?

こういった感じでトイレットペーパー以外のものを流してしまっている人が多いのも事実です。そうなるとトイレは詰まってしまいます。そこでこの記事では、

・トイレに流してしまいがちな物

・トイレに流しては流してはいけない理由

などについて紹介したいと思います。今まで安易に流していたという人は改めて流さない様に気をつけましょう!

トイレつまりを起こしてしまう原因としてはこれから紹介するモノが関係してきます。もし、これから紹介するものをトイレに流している場合はすぐに止めるようにしてくださいね。

トイレットペーパーと同じだと思われがちなティッシュペーパー。ティッシュペーパーはトイレつまりの原因になりやすいのです。

ではトイレットペーパーとの違いは何なのでしょうか。実はトイレットペーパーとの違いは繊維の編み込み方が密になっているという点です。

例えば、ティッシュペーパーは、トイレットペーパーと違い、床に落ちた水を拭いてもすぐに破けてしまうようなことはありませんよね。つまりティッシュペーパーの方がトイレットペーパーよりも細かく繊維を編み込んでいる為すぐには破けないのです。

そんなティッシュペーパーを丸めてトイレに流してしまうとどうなるでしょうか。

当然詰まってしまいますよね。こういった理由もあるのでティッシュペーパーはトイレ詰まりの原因になってしまうので流さないようにしましょうね。

赤ちゃんのお尻ふきもティッシュペーパーと同じでトイレットペーパーよりも溶けにくい製品になります。

お尻拭きによっては「トイレに流せる」と書かれてある物も多くありますよね。トイレに流すことはできますが、トイレットペーパーの様に簡単に分解される訳ではありませんので少しずつ流すようにして下さい。

赤ちゃんのお尻ふきの処分方法でおすすめなのは可燃ゴミとして処分することです。水に流せるものも多いですがトイレつまりのことを考えると考えものです。

食べ残しや嘔吐物は基本的にトイレに流してはいけません。吐きそうになった時はどうしても、

「トイレ!」

とトイレに促してしまいがちですが、食べ物に含まれる油や食べカスが配管を詰まらせてしまうことがあるからです。

もちろんキッチンも同じで、油をキッチンで処分している人は注意です。油は配管内にベトツキ流れていく物をへばり付け、それが重なると層になりやがて関になってしまいます。

極端な話、油などで関化してしまった配管へ水に溶けやすいトイレットペーパーを流したとしても、水の流れは悪くなってしまいます。

吐瀉物には固形の物もあると思いますので、一気に流してしまうとトイレが詰まってしまう事もあるのです。くれぐれも食べ残しや嘔吐物はトイレに流さないようにしましょう!

最近は室内犬や猫も多く飼われています。

ペットの糞などの処分を面倒臭がってしまいトイレ砂や糞をトイレに流してしまっている家庭を見かけたりしますが、NGです。

トイレ砂を流してしまうとトイレ砂が大きな塊になってしまい配管を詰まらせてしまいます。製品によってはトイレに流せるものも販売されていますが、基本は可燃ゴミとして処分するようにしましょう。

また、ペットの糞もトイレには流してはいけません。住宅のトイレは人の糞尿を処理する為に作られているものですので、くれぐれもペットの糞が分解出来ない可能性もあります。

分解できない=配管が詰まる=トイレつまり

なのでくれぐれも注意してくださいね。

もしこれらを流してしまい、トイレの排水を詰まらせてしまった場合は、できるだけ早く当社(住まいるレスキュー)のような業者にご連絡ください。もちろん、

・ラバーカップでの異物除去

・素手による異物除去

による解決方法はありますが、中々すぐに実践できない場合もあるのではないでしょうか。ご自身で解決できない場合は当社にお気軽にご相談くださいませ。

関連記事

洗濯水栓からの水漏れの解消方法

スタッフブログ,ブログ

日常の生活において洗濯は毎日するかと思いますが、ある日突然洗濯水栓が水漏れを起こしてしまうとどうすれば良いのか焦ってしまいますよね。 洗濯水栓からの水漏れにも落ち着いて対処出来るように、ぜひ今一度最後まで読…