ブログ


トイレつまり業者の選び方!失敗しない5つの心得とは!?

この記事では、トイレつまり業者の選び方!失敗しない5つの心得とはというテーマでお送りしています。

 

当社(スマートレスキュー)は水道や水回り以外にも様々な住まいのトラブルに対応した業者です。もちろんタイトルにもある様にトイレつまりにも対応しております。

 

ただ、トイレつまりを業者に頼む場合、気になるのは作業内容と料金のバランスがきちんと取れているか!?と言うことではないでしょうか。

 

実際に水回りを専門に扱う業者は非常に多く、ネットで検索してもどこに頼むのが1番良いのか迷ってしまいますよね。業者によっては広告には安く書かれていたのに見積もりしてもらうと、

 

「え!そんなにかかるの!?」

 

とビックリしてしまう様な見積もりの業者もいます。そこでこの記事では、当社の考えるトイレつまり業者の失敗しない選び方をあなたにお伝えしたいと思います。

 

最後まで読んで頂くことで、あなたに合ったトイレつまりを直してくれる業者の選定基準が出来るかと思います。

 

トイレつまりを直す業者、皆どんな選び方をしている?

 

一口にトイレつまりの業者といっても先述した様に業者は星の数ほどいます。その中でどこの業者を選べば良いのか!?と言うのは難しいポイントですよね。例えば、

 

・ポストに入っていたマグネット広告

・新聞のチラシ

・テレビCM

・地域情報誌

・ネットで検索

 

などトイレつまりを解消するための業者を知る手段は色々あります。ただ、近年はネット(Google等)で検索して出てきた業者を利用する人が非常に多いです。当社も例外ではなくネットで検索して電話頂いたお客様も多いです。

 

特に初めて利用する場合、その業者がどんな業者かも分かりません。広告に書いてあることを信じて利用したけど請求金額は広告に書いてある金額の倍くらい請求されたと言う事例も少なくありません。

 

そんな事態にならない為にもぜひここでトイレつまり業者の選び方の基準を知って頂ければと思います。

 

 

トイレつまり業者の選び方で必要な5つの重要ポイント

 

トイレつまり業者選び方で重要なポイントは5つあります。(近年はネットで検索する人が9割を超えていることからネットでの検索を基準に書いていきたいと思います。)

 

①:自分が住んでいる地域の業者を選ぶ

 

トイレつまり業者の選び方で重要なポイント一つ目は、自分の住んでいる地域の業者を選ぶ事です。

 

インターネットを使って検索すると大きな会社が検索結果に連なっていることが多いと思います。ただ、ここで知っておきたいのは、大きな会社は組織として大きな利益を上げなくてはいけません

 

つまり大きな会社は会社を知ってもらう為にCM等の広告宣伝費に莫大なお金を使っています。つまり、その広告宣伝費も回収しなくてはいけない為、作業費用も何かしらの形(理由)で高くなる傾向にあります。

 

しかし、地域密着型の会社というのは広告宣伝にもそこまでお金を掛けていません。

 

つまり、必然的に料金も安価な場合が多いです。見積もりを取ると大手のトイレつまり業者さんの場合たくさんの費用がかかってしまいます。

 

もちろん、料金が安いから良いとは言いませんが、安心して利用できる金額というのは利用者側としても重要なポイント。

※因みに当社の料金一覧は→こちらになります。

 

②:施工事例が紹介されているかの有無

 

トイレつまり業者の選び方で重要なポイント2つ目は、実際の施工事例が紹介されているかの有無は重要な判断基準になります。特にネットで検索すると、

 

上位表示されている会社=評判の良い会社

 

と思ってしまいがちです。しかし、必ずしもそうではない場合もあります。そこでの判断基準として、検索結果として出てきた業者のサイトで施工事例が紹介されているか?と言うのもポイントになります。

 

当社では、→実際の作業報告をブログで紹介しております。この様にトイレつまり業者の選び方では、実際に作業しているのかを確認できる業者と言うのは一つの安心材料になるはずですからね。

 

③:会社の所在地が明記されているかの有無

 

トイレつまり業者の選び方で重要なポイント3つ目は、会社の所在地がサイト内に明記されているかという事です。

 

会社として営業している業者はホームページにも住所を記載する必要があります。そもそも住所が記載されていないとお客様からしても、

 

「怪しい…」

「本当に大丈夫なのかな?」

 

と言う不信感や不安に繋がるはずです。

 

何より修理後のアフターケアなどは大丈夫なのか!?と心配になってしまいますよね。

※因みに当社の会社概要は→こちらになります。

 

実際ネットでトイレつまりの業者を検索してみると住所の記載がされていない怪しいホームページも散見されますので、会社の所在地がきちんと明記されているのか!?と言うのも一つの判断材料になります。

 

④:お客様の声が紹介されているかの有無

 

トイレつまり業者の選び方で重要なポイント4つ目は、お客様の声が紹介されているかです。

 

お客様の声というのはとても大切で、実際に利用した方の声ほど信憑性のあるものはありません。当社ではまだ紹介しておりませんが今後そういったお客様の声も紹介できる様にしていきたいと思います。

 

ただ、ホームページなどの作成はそこまで難しくはありませんので自作自演で「お客様の声」として紹介されてあることもあります。最も信憑性のあるお客様の声は”お客様の写真があるかどうか”です。これはお客様に了承をいただく必要もありますので中々実現できません。

 

その為、写真付きで掲載されているお客様の声はトイレつまり業者を選ぶ際の貴重な判断材料になるかと思います。

 

⑤:見積もり費用・出張費が明確かどうか

 

トイレつまり業者の選び方で重要なポイント5つ目は、見積もり費用や出張費が明確かどうかです。

 

トイレつまり業者によっては見積もりを取るだけで料金が発生してしまったり、見積もりを取るために来てもらったのに出張費がかかると請求する業者もいます。

 

また、見積もりは無料だけど見積もり内容を見てみると色んな物に料金が加算されてしまっているケースもあります。許容範囲の金額ならまだしも予想を上回る金額だと不信感に繋がってしまう事も…。

 

当社は先述しました様に作業料金は分かりやすい料金設定にしていて、見積もり・出張費も無料です。業者の広告やサイトを見た際に最低でも見積もりや出張費がかかるのか!?かからないのか!?と言うのは判断基準に入れておいてもいいかもしれませんね。

 

もし、悪徳業者に当たってしまったら!?

 

ぼったくりを行う悪徳業者は近年減ってはいますが、それでも実際まだそういった業者は少なからずいます。不当な請求にも関わらず支払いを強要された場合は、迷わず警察へ連絡してください。

 

水道の修理業者とはいえども、お客様の合意がないまま無理やり支払いをさせる行為は「恐喝」に当たります。身の危険を感じたり怖いと思うことがあれば、「警察に通報します」と相手に伝えてください。

 

もし相手が「どうぞ」といった場合は実際に通報して警察の力を借りるのも一つの手段です。

 

また、「消費生活センター」に相談するのも一つの手段です。警察ほどの法的な力はありませんが、悪質ビジネス対策のプロフェッショナルが集まった集団ですので適切な解決策を教えてくれるはずです。

 

もし利用時間が夜間である場合は、「消費生活センターへ支払い義務を確認してから支払います」と伝えて帰ってもらいましょう。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。今回はトイレつまり業者の失敗しない5つの選び方を紹介しました。ネットの情報がありふれている中、どの情報を信じれば良いのかも分からない場合もあるかと思います。しかし今回紹介した、

 

①:自分が住んでいる地域の業者を選ぶ
②:施工事例が紹介されているか?
③:会社の所在地が明記されているか?
④:お客様の声が紹介されているか?
⑤:見積もり費用・出張費について

 

などは最低限確認する様にしてみて下さい。上記の内容を確認するだけでも業者選びで失敗してしまう確率はグンと下がるはずです。ぜひ、あなたにあったトイレつまりを解消してくれる業者を見つけて下さい。

 

→当社の料金一覧はこちら

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社SRC. All rights Reserved.