ブログ


トイレつまりによる便器の脱着が必要な場合の費用は!?

この記事ではトイレつまりによる便器の脱着が必要な場合の費用について紹介しています。

当社によるトイレつまりによる脱着費用としては15,000円(税別)としております。

 

▶︎詳しい料金表はこちら

 

トイレつまりによっても脱着する必要な場合とそうでない場合があります。そこでここではトイレの脱着が必要な場合とそうでない場合について解説できればと思います。

 

 

トイレの脱着が必要じゃない場合は!?

一口にトイレつまりといっても様々なケースがあります。

 

その中にはトイレの脱着をしなくとも改善できる場合というのもがあります。例えば、

 

・トイレットペーパーの使用によるつまり

・トイレに流せるタイプの紙類によるつまり

 

この様な場合にはトイレの脱着を行わなくともトイレつまりを解消できる事があります。しかし、それ以外の場合にはトイレを脱着しなくては解消できないこともあります。

 

関連記事:トイレつまりは自然に治る?放置して良い時とダメな時!

 

トイレの脱着が必要な場合は!?

 

トイレつまりによって便器の脱着が必要になるケースとしては、固形物を便器内に落としてトイレつまりが発生してしまった場合です。

 

特に手に収まる様な固形物はトイレに落としてしまっても場合によっては気がつかないこともあります。例えば、

 

・スマートフォン

・子供のおもちゃ

・アクセサリー関連

・ペットシーツ

・ペットのトイレ用の砂

 

上記の様な固形物はトイレつまりも起こしやすいです。一度トイレつまりを起こしてしまうと解消する為には様々な対処を施すことになります。

 

トイレットペーパーの様な元々水に溶けやすい性質のものであれば便器を脱着しなくとも解消できる事が多いのですが上記の様な固形物の場合は水に溶けません。

 

トイレの脱着によって解消できるトイレつまりであれば良い方で、最悪のケースだと排水管でつまりを起こしてしまって大掛かりな工事になってしまうこともあります。

 

排水管を含んだ大掛かりな工事になってしまうと冒頭で紹介した料金では対処できません。

 

そうならない為にも普段からのトイレの使用方法には気をつけないといけないということですね。

 

トイレつまりによる便器脱着の費用はピンキリ

 

便器の脱着による費用は業者によって様々です。というのも脱着費用は作業量だからです。つまり安い!と思って依頼してみても見積もりを出してみるとびっくりする様な費用になったりすることもあります。

 

逆に脱着を含んだトイレつまりの解消でも安くできる場合もあります。

 

その為、単に安いから!とその業者に一任するのではなく、色々な業者に見積もりを出してもらった上で最終的に決定するのが一番だと思います。

 

ただ、見積もりをしてもらっただけなのに費用がかかる様な業者は注意です。基本見積もりは無料でできますので、あらかじめ連絡をする際に見積もりが無料なのかどうかを初めに確認することをお勧めします。

 

まとめ

今回はトイレつまりによる便器の脱着が必要な場合の費用について紹介しました。トイレの脱着には時間と手間がかかってしまいますのでどうしても費用はかかってしまいます。

 

トイレの脱着費用を抑えるコツは業者に見積もりを初めに出してもらうことです。その際には見積もりが無料であること、他に必要になりうる費用はあるのか?ないのか?も併せて確認しておくと良いですね。

 

当社であれば以下の料金費用にて行う事ができますので、ぜひ検討してみて下さい。

 

▶︎詳しい料金表はこちら

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社SRC. All rights Reserved.