ブログ


ミラブルキッチンは賃貸でも取り付け出来る?

ミラブルキッチンが気になる…でも自宅は賃貸だから取り付ける事が出来るのか心配だ。

 

もしこの様なお悩みを持つ方がいればご安心くださいませ。

 

ミラブルキッチンはお住まいが賃貸の方でも取り付けが可能です。ただ、賃貸の場合、不動産会社との契約次第では退居する際、元のキッチンに戻さなくてはいけない事もあります。

 

そこでここでは賃貸にお住まいの方でミラブルキッチンを取り付けたいと考えている方に向けて賃貸借契約書の「善管注意義務」について簡単に紹介したいと思います。

 

注目記事:類似品に注意!ミラブルキッチンはAmazonや楽天で販売してる?

 

賃貸借契約書の「善管注意義務」とは

 

賃貸借契約書の「善管注意義務」とは「善良なる管理者の注意義務」の略語になります。

 

この意味は賃借人は部屋の管理者として注意をしながら借りた部屋を使用しなければいけないという義務事項になります。

 

最も代表的なのが「原状回復費用」に当たるわけですが、要は退居時は入居時と同じ状態まで部屋を回復しておく必要があるというものです。

 

2004年に国交省が改定を公表した「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、借り主負担の原状回復費用は、

 

「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損」

 

上記の範囲内に限っている事が分かります。

 

つまり借主による過失や故意によって建物価値が減少した際は現状回復するために借主も回復費用を負担しなければならないという事です。

 

これに当てられるのが入居時に不動産会社に支払う敷金というわけですね。

 

ただ、入居時に敷金がなかった場合は原状回復費用として借主が負担しなければならない事もありますので、今一度契約内容を確認する必要があります。

 

ではミラブルキッチンを既存のキッチンと取り替える場合はこれに該当するのでしょうか。

 

賃貸でもミラブルキッチンは取り付ける事ができる?

 

結論をいうと賃貸の場合、ミラブルキッチンを取り付ける場合は大家さん、不動産会社との話し合いによって決めることとなります。

 

古いものを新しいものに交換するわけですので「善管注意義務」に該当するかどうかは微妙なところ。

 

普通に考えると「善管注意義務」に反してしまう可能性もありますが、大家さんとの話し合い次第ではOKを出してくれる可能性も0ではありません。

 

少なからず借りた時とは状況が変わるわけですので、ミラブルキッチンを取り付けたい場合は不動産会社もしくは大家さんに連絡を入れる必要がありそうです。

 

もし、OKな場合は問題なく取り付ける事ができますね。

 

ミラブルキッチン自体は取り付けがとても簡単!

 

ミラブルキッチンは取り付けが簡単に行う事ができます。

 

以下は当店による取り付け作業になります。

 

 

※既存のキッチン水栓を取り外しミラブルキッチンを取り付けています。

 

具体的な手順としては以下の様な流れになります。

 

大家さんとの話し合いの結果、ミラブルキッチンを取り付ける事が出来る場合はぜひ弊社に取り付けをご依頼くださいませ。

 

弊社はミラブルキッチンを販売から取り付けまでを行う事ができる関東圏唯一の正規販売代理店になりますので、ぜひご安心してご依頼下さいませ。

 

ミラブルキッチン取り付けによる工事費については以下の記事で詳しく解説いたしましたのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

関連記事:ミラブルキッチンの取り付け工事費はどれくらい?

 

まとめ

 

今回はミラブルキッチンは賃貸でも取り付け出来るのかについて紹介しました。

 

賃貸の場合はどうしても不動産会社や大家さんとの兼ね合いがあるので、取り付けできるケースやできないケースがあります。

 

しかし、取り付ける事が出来る場合にはミラブルキッチンはとても良い商品ですので、ぜひ弊社にご依頼くださいませ。

ミラブルキッチンの詳細は以下から確認できます。

 

→【豪華2大特典付】ミラブルキッチンの詳細はこちら

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社SRC. All rights Reserved.