ブログ


トイレの便器に水が溜まらない原因は何?

この記事では、トイレの便器に水が溜まらない原因について解説しています。日常的に使っっているトイレですが便器内に水がたまらないと不安になってしまいますよね。

 

実はこの便器に水が溜まらない現象ですが、放って置くとトイレつまりの原因にもなってしまうかもしれません。

 

もしこの様な状況になった場合はそのまま放置しておくのではなく、水回り専門の業者に一度ご相談された方がいいかもしれません。

 

ではトイレの便器に水が溜まらない原因についていくつか紹介したいと思います。

 

トイレの便器に水が溜まらない原因は何?

 

トイレの便器に水が溜まらない原因として多く考えられるのが、

 

・排水部分に異物が詰まっている

・タンク内のフロートゴムの劣化

・サイフォン管の破損

 

上記の場合が多いです。それぞれについて簡単に解説していきたいと思います。

 

排水部分に異物が詰まっている

 

トイレの便器に水が溜まらない場合に多い原因としては便器の排水部分にトイレットペーパー等の紙が詰まっている可能性もあります。

 

トイレットペーパーは水を吸収しやすい性質なので、便器内に溜まっている水であればすぐに吸収してしまいます。

 

特に大量のトイレットペーパーを一度に流してしまうと詰まりやすくなるので注意しましょう。また、ボールペンや固形物などが一緒に流れてしまっている場合、それに引っかかってしまったペーパーが水を吸収して便器内の水が溜まらないという現象を引き起こします。

 

対処法としてはつまりの原因を解消するほかありませんので、ご自身で対処できない場合は水回り専門の業者にご依頼いただくことで早く解決できるはずです。

 

タンク内のフロートゴムの劣化

 

まず前提に、トイレの便器内は水漏れする様な構造にはなっておりませんので、万が一便器から漏れているとすれば便器自体を交換しなくてはいけません。

 

また、便器内の水は一定の位置まで水が溜まる構造となっていますので、ある程度水が溜まると一気に水が流れる「サイフォン効果」を利用した構造となっています。

 

そしてタンク内のフロートゴムが劣化している場合も、今回の様に便器内に水が溜まっていない様に感じることもあります。

 

というのもタンク内のフロートゴムが劣化していると常時排水状態になる可能性があります。

 

タンク内のフロートゴムの劣化の場合、交換することによって解決できますので腕に自信のある方であればご自身で解消することもできます。

 

ただ、フロートゴム購入の際は型番を間違えない様に気をつける様にしましょう。

 

サイフォン管の破損

サイフォン管が破損していると水が止まらない現象を引き起こしてしまいます。

 

場合によってはサイフォン管が折れてしまっていることも考えられますので、ご自身でチェックする、もしくは業者にサイフォン管の修理を依頼する様にしましょう。

 

 

まとめ

今回はトイレの便器に水が溜まらない原因について紹介しました。また、溜まりが悪いのを溜まらないと勘違いしていることもあり、その場合はダイヤフラムの劣化も考えられます。

 

ダイヤフラムの交換については▶︎こちらを参考にしてみて下さい。

 

便器内に水が溜まらないと排水に困ってしまうので、出来るだけ定期的にトイレの便器をチェックする様にしましょう。

 

多くの場合は冒頭でも紹介した異物によるつまりの可能性が大きいので、まずはトイレの便器内に異物を落としていないか、トイレットペーパー等を大量に流さなかったかをチェックしてみて下さい。

 

そして、どうしても状況が改善されない場合は当社の様な水回り専門の業者にご依頼いただく事で早くかいけt

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 住まいるグループ365. All rights Reserved.