ブログ


トイレリをフォームをする際の2つの注意点!

トイレをリフォームする際はいくつかの注意点があります。

 

一つは、トイレの面積は限られていると言う点。

そして二つ目は、トイレに適した壁紙や床材を使用すると言う点です。

 

特にトイレは水を使用する場所でもありますので、水漏れや湿気なども視野に入れなくてはいけません。また、汚れや臭いが溜まる場所でもあります。

 

つまり、トイレの便器を旧式から新タイプに交換する際は、同時にトイレ内のリフォームも同時に行うことが必要なのです。ではその点も踏まえてトイレリフォームについて簡単に紹介します。

トイレの面積は限られています

トイレリフォームの一つ目の注意点はトイレ室内空間の面積は限られていると言うことです。

 

何が言いたいのかと言うと、トイレの便器を選ぶ際にお好みの便器を選びますよね?トイレの室内空間を拡張するのであれば話は別ですが、仮にトイレのリフォーム前に使っていた便器よりも大きいものを設置してしまうと圧迫感を感じてしまう可能性もあります。

 

基本的にトイレの空間は家全体の中でも狭い空間ですので、ほんの数センチ狭くなっただけでも圧迫感を感じます。また、トイレ内に物を置くスペースがある場合は、そのスペースのことも考慮する必要があります。

 

つまり、単なるトイレリフォームだからと安易にリフォームしてしまうと後々不便を感じてしまう可能性があると言うことです。

 

どんな便器がいいのか、自分の家のトイレはどんなものが良いのかなどお困りの際は当社にお気軽にご相談ください。

 

トイレに適した壁材や床材を選択する

トイレリフォームの2つ目の注意点は、壁材や床材選びに注意が必要だと言うことです。

 

先述したように、トイレという空間は水漏れや湿気、場合によったらカビなども発生する可能性のある空間です。そして匂いや汚れも多くなりがちです。

 

その為、トイレに使用する壁材や床材はトイレに適した材質を選ぶ必要があります。壁紙や床材は色々なタイプが販売されていますが、通常の壁材や床材だと劣化してしまうスピードも速い可能性があります。

 

オススメは、

 

消臭効果のあるもの
耐久性があり掃除がしやすいもの

 

などをオススメします。

 

また、木の材質を使用するとシミなどの原因にもなりますので、最近人気のクッションフロアなどもお勧めできます。そして、掃除がしやすいとの理由でタイルを選ぶ方もいますが、タイルは掃除がしやすい反面、タイルのつなぎ目が掃除しづらいという欠点もあります。

 

その為、タイルをトイレリフォームの際使用する場合は、タイル1枚の面積が拾い物を選ぶと、つなぎ目なども少なく比較的掃除はしやすくなります。

 

特に高齢の方や小さなお子さんのいらっしゃる場合は、トイレを汚すことも多いかもしれませんので、クッションフロアやタイルを使用すると掃除も楽になります。

 

 

トイレリフォームのまとめ

一見簡単に考えてしまいがちなトイレリフォームなのですが、細かな点を考えると色々な見方ができます。トイレの面積は限られているという点と、トイレに適した材質を選ぶことは必須です。

 

もし、トイレリフォームのことでお悩みの場合は、当社にお気軽にご相談くださいませ。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社SRC. All rights Reserved.